みやのこどもクリニック

お知らせ

水曜日 第1、3、5水曜日は院長不在です。前神栖病院小児科部長 北村医師が担当します。

木曜日午後診療は院長が担当します。
予防接種の保護者の同伴要件について;個別接種は原則保護者(親権を行うものまたは後見人)の同伴が必要です。保護者が何らかの理由で同伴できない場合、接種対象者の健康状態を普段より熟知する親族等の適切な方が接種対象者に同伴することは差し支えありません。この場合接種の際、予診表に加え、保護者直筆の委任状の提出をお願いします・委任状には代理人(同伴者)と保護者の住所氏名、保護者の方の緊急連絡先を記載してください。委任状はクリニックに常備しております。また江戸川区のHPからもダウンロードできます。http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kenko/kodomo/yobosesshu/index.html
なお委任状がない場合は接種を見送らせていただきます。
子宮頸がんワクチンについて
WHOが強く接種を勧めている子宮頸がんワクチンですが、わが国では安全性について取り沙汰され、積極的な勧奨がされないまま時間が過ぎていますが、接種年齢を過ぎてしまい接種票が無駄になると予想されますが、このつけが将来の子宮頸がんの増加という形で現れないことをいのるばかりです。夏休みに入り接種を希望される方が数名いらっしゃいました。小6から高1まで正規の接種年齢の方は健康サポートセンター接種票をはっこうしてもらえますので、希望する方はご連絡ください。
就学前のMR2期接種の際、同時にDPT(3種混合)おたふく、ポリオワクチンの同時接種をおすすめしております。おたふく、百日咳、ポリオの
抗体が低下してきており小学生で罹患者が増えております。また近年海外からあらゆる国から旅行者が急増しており、ポリオ発生国、蔓延国からの旅行者も増えてきました。以上より接種を小児科学会では勧めております。詳細はクリニックでお聞きするように御願いします